本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

小学生の「先取り学習」効果と始めるべき理由・注意点も解説

小学生の「先取り学習」効果と始めるべき理由と注意点も解説 先取り学習

私たちは今、かつてないほど急速に変化する社会に生きています。

技術革新、グローバル化、そして予測不可能な未来が待ち受ける中で、子どもたちの教育はますます重要性を増しています。

このような時代において、従来の教育方法だけではとても十分とは言えません。

そこで注目すべき学習のひとつが「先取り学習」です。

この記事では、小学生の保護者の皆様に、先取り学習の重要性とその効果的な実践方法についてご紹介します。

さら
さら

「先取り学習」をするなら、どうやって始めたらいい?など、あなたのお悩み別に先生を選べる「オンライン家庭教師マナリンク」で相談するのもありですよ

\まずは相談してみる/

「オンライン家庭教師マナリンク」へ

/無料体験授業も受付中\

先取り学習とは何か

まずは「先取り学習」について解説していきます。

先取り学習の定義

先取り学習とは、学校の授業で学ぶ内容を前もって学習する方法です。

単に進度を早めるだけではありません。

一定の理解を深め、応用力を養うことを目的としています。

従来の学習法との違い

従来の学習法が学校の進度に合わせて復習を中心とするのに対し、先取り学習は予習を重視し、自主的な学びを促進します。

これにより、学校の授業をより深く理解し、効果的に学習を進めることができます。

これまでの学習方法では、学校の授業についていけなければ、宿題もできなくなります。

すると、次のような負のループに陥ることになります。

  • 授業が分からない
  • 宿題ができない
  • 宿題ができないから、しない
  • ますます授業がわからない
  • 勉強ができないから面白くない、嫌いになる

最近の小学生の学習内容は難しくなっています。

授業を1度聞いただけでは理解できない…というお子さんはたくさん増えているのです。

先取り学習のメリット

ここからは「先取り学習」のメリットについて紹介していきます。

「先取り学習」は文字通り、授業の内容よりも先の内容を学習するので、授業内容がより深く理解できるようになることは当然ですが、他にもメリットがあります。

学習意欲の向上だけでなく、自信がつく!

先に学習することで、授業の内容をスムーズに理解できるようになります。

これは子どもたちに大きな自信をもたらし、学習意欲の向上につながります。

算数の授業で答えられないと恥ずかしい…といった、お子さんの精神的な負担もなくなります。

>>「オンライン家庭教師マナリンク」でまずは相談してみる

思考力・応用力が育つ

先取り学習では、単に知識を詰め込むのではなく、その知識を活用する機会が増えます。

これにより、思考力や応用力が自然と育成されていきます。

中学受験、高校受験、大学受験、どの受験をみても、思考力を問われる機会が一気に増えています。

これまでの、ただ問題を解いて、正しい答えを出すという受験方式は一気に減りました。

思考力や応用力はすぐに身につくものではありませんので、将来を見据えていくのであれば「先取り学習」をしない手はありません。

>>「オンライン家庭教師マナリンク」でまずは相談してみる

受験や進学への備えができる

先取り学習により、余裕を持って受験や進学の準備ができます。

焦ることなく、じっくりと学習を進められるのが大きな利点です。

塾業界に長年いて、毎年一定数いるのが「子どもが中学受験すると言い出した!」といって、慌てて来客される保護者の方です。

中学受験するしないに関わらず、先取り学習をしておくことで、想定外の中学への進学になっても慌てずにすみますよ。

>>「オンライン家庭教師マナリンク」でまずは相談してみる

将来の選択肢が広がる

早くから幅広い知識と深い理解を得ることで、将来のキャリア選択の幅が広がることは言うまでもありません。

結果的に、最短ルートで、お子さんの希望を叶える方法を選べるようになります。

小学生の時期に先取り学習を始める理由

「先取り学習」を小学生のうちからすすめるからには理由があります。

ここからは具体的にあげていきます。

脳の発達と学習能力には関係がある

小学生の時期は脳の可塑性が高く、新しい情報を吸収する能力が非常に優れています。

例えていうならば、小学生までの脳はスポンジのようです。

この時期に適切な学習刺激を与えることで、効果的な学習が可能になります。

>>「オンライン家庭教師マナリンク」で無料体験授業を受けてみる

基礎学力が確実に定着する

小学生のうちに基礎学力をしっかりと身につけることで、中学以降の学習がよりスムーズになります。

先取り学習は、この基礎学力の定着に大きく貢献します。

とくに、この時期、適切な指導者の指導を受けると、お子さんの基礎学力アップが明らかに違ってきます。

塾ならどこでもいい?

とんでもありません、先を見据えた指導のできるプロの指導者に相談してみるのが賢明です。

>>「オンライン家庭教師マナリンク」で相談してみる

学習習慣が小学生の間に身に着く

小学生の時期に自主的な学習習慣を身につけることは、生涯学習の基礎となります。

先取り学習をすることで、自然と学習するようになり、結果的に学習習慣が身につくようになります。

ゆとりある学習計画が実現できる

早めに学習を始めることで、後々の詰め込み学習を避け、ゆとりを持って学べるようになります。

これは、学習の質を高めるだけでなく、子どもたちのストレス軽減にもつながります。

昨今の小学校で習う内容は、これまで中学で習っていた内容が入り込んでいます。

というのも、中学で習う内容に、高校で習っていた内容が入り込んでいるので、必然的に小学校で習う内容も難しくなっているのです。

結果的に、勉強に余裕のないお子さんたちは詰め込み学習となっているのです。

効果的な先取り学習の進め方

ここまで「先取り学習」の大切さを述べましたが、ここからが具体的にどうやって実践していくのかについてのべていきましょう。

まずは子どもの興味・関心に合わせて始める

子どもの興味や関心に合わせて学習テーマを選ぶことで、学習意欲を高めることができます。

そうすることで、強制ではなく、自発的な学びを促すことにつながります。

先取り学習の失敗は「強制」することです。

あくまでも、お子さんの自主性を促すのです。

どんな学習テーマが「先取り学習」に向いてるのか、疑問に思うことはプロに相談してみるのも方法ですよ。

>>「オンライン家庭教師マナリンク」で相談してみる

無理のないペースで設定する

子どもの能力や生活リズムに合わせて、無理のないペースで学習を進めることが大切です。

焦らず、着実に進めることが長期的な成果につながります。

〇〇年生までに、○○学年の内容を終わらせよう!といったハイペースは逆効果になりますので、注意が必要です。

どう設定したらいいのか、などわからないところはプロに相談してみるのも方法ですよ。

>>「オンライン家庭教師マナリンク」で相談してみる

反復と応用を組み合わせた学習方法で行う

基本的な内容の反復学習と、それを応用する問題を解くタイプの学習を組み合わせることで、深い理解と実践力を養うことができます。

私の方でも、具体的にどんな問題集がいいの?とか、どんなアプリがいい?といった相談を受けます。

しかし、この質問に関しては、個々のお子さんの現状によって異なってくるため、一概にこれがおすすめと提案できないのです。

お子さんの現状を踏まえて、プロの目線で提案してもらえる「オンライン家庭教師マナリンク」に相談してみるのもありですよ。

オンラインやアプリを活用した学習ツールを利用する

するオンライン学習ツールやアプリケーションを活用するのもありでしょう。

紙ベースの問題を解くことよりも、楽しみながら効果的に学習を進めることができる特長があります。

視覚的な教材や対話型のプログラムは、子どもたちの興味を引き出し、学習効果を高めます。

先取り学習における保護者の役割

ではここからは、保護者の方はどんなサポートをしていくといいのか、お話したいと思います。

お子さんの学習をサポートする環境づくり

静かで集中できる学習スペースの確保や、必要な教材の準備など、子どもが快適に学習できる環境を整えることが重要です。

先取り学習をするにあたって、一般的に教材の準備が必要になってくるでしょう。

場合によっては、タブレットやパソコンといった機材の準備も必要かもしれません。

モチベーション維持のために工夫する

子どもの努力を認め、適切な褒め方をすることも大切です。

学習へのモチベーションを維持するためには、保護者が見守っていてくれている、応援してくれていると感じさせることでも、お子さんのやる気度が変わってきます。

どんな些細な成果も見逃さず、励ましの言葉をかけるように心がけましょう。

適切な目標を設定する

先取り学習を成功させるためには、お子さんと一緒に適切な学習目標を設定することも大切です。

そして、定期的に進捗を確認することで、効果的な学習を続けることができます。

ただし、過度なプレッシャーにならないよう注意が必要です。

先取り学習の注意点

ここからは「先取り学習」を行う際に気をつけたいことを具体的にあげていきます。

子どものペースを尊重する

個々の子どもの学習速度や理解度は異なります。

無理に進度を上げようとせず、子どものペースを尊重することが大切です。

例えば、○○ちゃんは〇年生の算数をやってるとか、英検の〇級をとったとか、他のお子さんと比べるような言動も避けましょう。

バランスの取れた生活を送る

学習だけでなく、遊びや運動、家族との時間など、バランスの取れた生活を維持することが重要です。

時々見かけるのが「友だちと遊ばなくなった」という悩みを持つ保護者の方。

まだまだ友達とワイワイ遊ぶこと、家族と過ごすことなども大切な時期です。

勉強に偏らずに、バランスの取れた生活を送るように心がけましょう。

学校の授業とうまくやっていく

「先取り学習」で一番注意が必要なのが、学校の授業を阻害しないことです。

学校の先生の中には「先取り学習」することを嫌がる人がいるのも事実です。

「先取り学習」することはメリットが多いので、やるのは大いに結構。

学校の先生とコミュニケーションを取って、適切な学習バランスを保つことが大切です。

先取り学習の成功事例

ここからは、実際に先取り学習を体験した子どもたちの体験談、保護者の方からいただいた声をいくつか紹介しましょう。

学力向上を実現した子どもたちの体験談

「最初は難しかったけど、少しずつ分かるようになって楽しくなりました。今では授業が待ち遠しいです。」(小学5年生)

「先に勉強していたので、テストで良い点が取れるようになりました。自信がつきました。」(小学6年生)

学力向上を実現した保護者の声

先取り学習を始めて変わったこと 「子どもが自主的に学習するようになり、驚いています。学ぶことの楽しさを知ったようです。」(小学4年生の保護者)

「以前は宿題をするのも大変でしたが、今では自分から進んで勉強しています。学校の成績も上がり、先生からも褒められるようになりました。」(小学6年生の保護者)

まとめ: 子どもの可能性を最大限に引き出す先取り学習

先取り学習は、単に学力向上だけでなく、子どもたちの学ぶ意欲や自信、思考力を育む重要な方法です。

小学生の時期にこそ、この学習方法を取り入れることで、子どもたちの可能性を最大限に引き出すことができます。

ただし、重要なのは子どもの個性や興味を尊重し、楽しみながら学べる環境を作ることです。

無理強いせず、子どもの成長ペースに合わせて進めていくことが、長期的な成功につながりますよ。

先取り学習を通じて、お子さんが学ぶことの楽しさを発見し、豊かな未来への第一歩を踏み出すことができますように。

保護者の皆様の適切なサポートが、子どもたちの輝かしい未来を築く鍵となるのです。

さら
さら

「先取り学習」の良さはわかったけど、どうやって始めたらいい?という方へ

オンライン家庭教師マナリンク」でプロに相談するのが手っ取り早いですよ

\まずは相談してみる/

「オンライン家庭教師マナリンク」へ

/無料体験授業も受付中\
タイトルとURLをコピーしました