体験談

子どもが寝ない…ストレスに子供がたった10分で寝る絵本もおすすめ

子どもが寝ないことは親にとってストレスになり、時にはイライラすることもあります。

今回は子どもが寝ない…とストレスを感じ、子どもを寝かせることに苦戦している方々に絵本おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本(飛鳥新社)を紹介します。

子どもが寝ないストレスが嘘みたいな絵本とは?

子どもが寝ないストレス

絵本おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本(飛鳥新社)は

「子供がたった10分で寝る」
「車を運転している人のそばで絶対に音読しないこと」

で話題になり、シリーズ累計で100万部を突破した絵本です。

子どもが寝ないストレスは日本人が1番多い?

子どもが寝ないストレス

絵本おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本(飛鳥新社)は、もともとスウェーデンで自費出版された後に世界中でベストセラーになったという絵本です。

しかも、このおやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本(飛鳥新社)が世界中で一番売れているのはなんとこの日本なのです。

このおやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本(飛鳥新社)が日本で1番売れているという事実からもわかるように、日本人は睡眠に悩む人が多いことが背景にあると言われています。

子どもが寝ないストレスが解消する絵本にはしかけがあった!?

子どもが寝ないストレス

このおやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本(飛鳥新社)を日本で販売するにあたって、実はある仕掛けがあったのです。

という仕掛けとは、このおやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本(飛鳥新社)を翻訳する段階で、眠くなった子どもが目を覚まさないような言葉を選ぶこともその1つと言われています。

例えば、もともと「daddy」という単語を絵本の中で使っていたら、翻訳するときに「パパ」と訳したいところではあるものの、パという音、実は目を覚ましてしまう音の1つなのです。

そこで「パパ」ではなく、あえて「お父さん」という訳語を使っているのです。

子どもが寝ない…ストレスに子供がたった10分で寝る絵本もおすすめ まとめ

このおやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本(飛鳥新社)に関しては諸説あって、専門家を交えての睡眠を意識した翻訳の最中には翻訳者自身も眠くなってしまうほどだったとも言われています。

絵本というと小さな子どもだけのように思われますが、子どもが寝ないことがストレスになっている小学生のお子さんをお持ちの親御さんも試してみる価値はありそうですよ。

\絵本以外にも朗読CDがあります/

子どもが寝ないことは親のストレスになるばかりか、子どもにとっても知能や脳そのものの発達、身体の成長にもよくありません。

お子さんの身長がなかなか伸びない…とお悩みの方にはサプリを使ってみてもいいでしょう。

  • この記事を書いた人

松浦さら

家庭教師兼マンツーマン塾講師歴15年。 理解の遅いわが子が4か月の中学受験対策で、模試E判定から国立大学附属中学に合格できた経験も踏まえて、何か参考になる情報を発信します!現在進学高校から旧帝大現役合格を勝ち取るために爆進中(^^)のわが子をサポート中です! 大学受験情報満載のサイトも運営中✍ダークホース~高校生編

-体験談
-,

テキストのコピーはできません。

© 2021 ダークホース〜小学生編 Powered by AFFINGER5